遠い岸辺 (SHYノベルス)
ボディーガード・射場真二(いばしんじ)×暴力団企業舎弟・日夏晄介(ひなつこうすけ)

《感想》

BL小説積読山に埋もれていたのを発掘。まだ読んでなかったことを、すっかり忘れてました……。積読山恐るべし、自分で作ったんですけどね(笑)

射場と日夏、それぞれの目線が交代する形で話が進みます。裏社会が舞台の作品ですが、前半はあまり血なまぐさいシーンはありません。前半は、日夏の周辺の人物を取り上げることで、日夏のキャラクターが明らかになっていきます。

中盤で襲われる日夏を射場が守り、お互いに辛い過去を少しずつ明かすことで2人の距離はますます縮まっていきます。そして心のよりどころとして相手を受け入れた時、それは日夏は自分の命を狙う相手と決別でもありました。

読後にまず思ったのは「心理面の再生にずいぶん重点が置かれた作品だなぁ」でしょうか。個人的に心理重視のBLは大好きなので、一気にラストまで読みました。

といっても濡れ場が少ないわけではなく、むしろいろんな相手とバリエーションで多いぐらいかも。なのに印象はあまり強く残りません。ヤる理由が半分義務だったり保護目的だったり、そこに恋愛感情がないからかも。

気になったのは、日夏はなぜ射場を恋人として選んだのか、理由が弱く思えたこと。極端なことを言えば、この作品、BLじゃなくてもいいのかなぁなんて思いました。背中を預けられる仲間じゃなくて、恋人になった理由がもうひと押し欲しかった……。

ところで。英田サキさん×SHYノベルス×ヤクザ物、といえば「エス」シリーズでしょう。もしかして関係あるのかなぁなんて思ったら、日夏の回想に出てきましたよ、あの二人が!名前は伏せられてて数行程度ですが、間違いなし。でも宗近がエスだと裏社会で知られてたってことだから、本当に危ない橋だったんですねぇ。

◆あらすじ(Amazonより)
マル暴の刑事でありながら傷害事件を起こした射場は、出所してから下っ端ヤクザとして自堕落に生きていた。そんなある日、暴力団の企業舎弟、日夏晄介のボディガードを任される。それはずっと憎んでいた男との再会でもあった。ゲイではないと言いながら男を抱き、男に抱かれる日夏。同性愛を嫌悪する射場は苛立つが、一緒に暮らすうちに謎めいた年上の男に惹かれていく。だが日夏の命を狙う何者かが現れ…!?愛と憎しみ、魂の再生の物語、誕生!!

※画像下の「無料サンプル」で簡単試し読み※

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします