夏の果 〜私が殺した男〜【イラスト入り】 (ビーボーイデジタルノベルズ)
プロライフセーバー・瀬田(せた)×元大学教授・津々木公彦(つづききみひこ)

《感想》

突然、エロんエロんな話が読みたくなりました(笑)。たま〜にある、ファーストフードやカップ麺食べたいモード、あれと一緒です。あんまり長い話はお腹いっぱいになるし、ほどほどの長さのはないかとRenta!を物色していて、見つけました。

なんと、英田サキさんの「エロとじ」収録作品です。30ページで¥300で単行本と比べれば割高ですが、このさき書籍に収録される可能性は低いと考えて、購入しました。さて内容は……。

なんとも期待通りのエロさ加減じゃないですか〜。一言でいうなら、受けの先生がしがらみを忘れてひと夏の経験を謳歌しつつ、そのしがらみにちょっとした「ざまぁ」をする話です。

目上の人間への「手紙」という体裁で、文章のですます調と本人の乱れっぷりが良いギャップを生み出してます。ちょっとMっ気もありますが、ひどいことはしていないので、SMが苦手な人でもきっと大丈夫。でもこれ、18禁じゃないんですよね?いいのかなぁ。

エロだけじゃなく起承転結はもちろんタイトルのオチもちゃんとあって、最後はスッキリ気持ちよく読み終えました。こんな短い中にスリルとエロとラブを詰め込んで成立させるなんて、やっぱり英田サキさんはすごいです。

◆あらすじ(Amazonより)
※「その硬い棒でぐちゃぐちゃにしてくれって、孔が訴えてくるんだ」年下プロライフセーバー×聡明な大学教授の淫蕩なひと夏―。

※画像下の「無料サンプル」で簡単試し読み※

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします