BLに限らずどんな作品を読むときでも、気になることが1つだけあります。それは……
ちゃんと完結してくれるかどうか!

昔はそんなことを考えずに読んでたんですけどね〜。読書歴が長くなるにつれ未完作品がリストに増えて、今では最重要項目になりました。気になる古い作品を見つけた時は、読む前に「完結してるかどうか」をチェックしています。

それでも読んじゃったらどうするか。答えはただ一つ、待つのみ。作者さんが続編を無事生み出してくれるのを、分娩室の前でウロウロうろたえる夫のように、読者にできることは待つだけなんです。予定日を過ぎようが、「もうすぐ」の噂に振り回されようが、赤ちゃん=作品には関係ありません。

でも分かっていても、ただ待つってのもなかなか辛いもんがありますよね。「待ってるんだよ〜」ってちょっとだけアピールしてもいいんじゃないか。ということで、私の続編待ち作品をまとめてみました。

実は前にも同じネタで「続編を待ってます〜!のBL本たち」を書いてますが、もう10年経ったので再度まとめてみました。10年後の今も残っているタイトル(!)もあれば、めでたくリストから消えた作品もあります。残念ながら、新たに追加されたものも。

まずは、BL小説から。古い作品は、年齢バレ間違いなし(笑)ですね。もしかしたら気づいてないだけで、完結している作品があるかもしれません。その場合は、「完結してるのに……ぷぷっ」って笑ってやってください。

 →「続編を待ち続けている作品リスト〜BLマンガ編〜」はこちらをチェック

1.未完で続編を待ち続けているBL小説作品リスト

●「許可証をください!」シリーズ 烏城あきら
最新刊発売日:第6巻「放水開始!」 2009年11月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
お仕事BL小説として、大人気シリーズです。自分のお宝本にもなってます。最後の刊行からもうすぐ10年。そろそろ……なんて期待はいつまでも捨てられません。

●「ホーリー・アップル」シリーズ 柏枝真郷
最新刊発売日:第3巻「虹色のスチーム」 20010年04月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
柏枝真郷さんは面白いシリーズが多いんですが、BLらしくキラキラしていないせいか、途中でフェードアウトしてしまうことも。このシリーズは表紙の雰囲気にも惹かれたので、イラスト込での復活に期待します。

●「仇花」シリーズ 神奈木智
最新刊発売日:第6巻「夕虹に仇花は泣く」 2014年05月
1巻を読んで「完結一気読み&感想アップ」と決めました。だから6巻そろって保管箱でお眠り中。キャラ文庫のシリーズは今年完結予定だそうなので、次は「仇花」をお願いします!

●「四龍島」シリーズ 真堂樹
最新刊発売日:番外編第7巻「白き花咲く龍の島」 2007年11月
本編は完結済み。正確にはBLではないんですが、主人公と主の関係は限りなくそうです。つい最近、作者さんのサイトで後日談的SSが公開されました。でもできるなら、イラスト入りで読みたい〜!ぜひ商業誌で続きをお願いします。
 →真堂樹公式ホームページ『真樹堂』 NOVELs「『翠玉揺々・・・花姫純情後話』~四龍島春2018版~」

●「虹の入江」シリーズ 染井吉乃
最新刊発売日:第5巻「夢の天球儀」 1999年06月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
こちらは20年近く前の作品になります。レーベルはもうなく、電子書籍化もされていません。今も同人誌で番外編を書かれているのが唯一の望みですが、今後の展開は不透明なので、リストに残しました。

●「世界の果てで待っていて」シリーズ 高遠琉加
最新刊発売日:第2巻「世界の果てで待っていて 〜嘘とナイフ〜」 2010年10月
この作品も「完結一気読み&感想アップ」認定済み。新装版が出て、さぁ次はと楽しみにした人も多いのではないでしょうか。別作品ですがBL新刊も出ているので、きっといつかは……。

●「プラクティス」ひちわゆか
最新刊発売日:第1巻「プラクティス」 2004年09月
お宝永久保存認定作品です。内容もイラストも素晴らしくて、ゾクゾクします。電子化されていないので、読むなら古本を探すしかありません。他のBL商業作品は発表されていたんですが、2016年04月の作品を最後に、2年以上新刊が出ていません。気になります。

●「妖魔なオレ様と下僕な僕」椹野道流
最新刊発売日:第9巻「妖魔なオレ様と下僕な僕」 2013年09月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
非BLを含め、とにかく連載作品が多い作家さん。特に最近は、ラノベでの出版が目立ちます。でもBL作品も書かれてないわけではないので、気長に待つしかありません。どうか完結させてください。

●「くれない」シリーズ 森内景生
最新刊発売日:第7巻「くれない異聞」 1997年06月
BLが「耽美」と呼ばれていた頃の作品です。笠井あゆみさんの素敵表紙が、妖しい雰囲気を倍増。もう20年たつし、電子化もされてないし、9割9分ムリだろうと思ってます。2000年代以降まったく新作を見ないので、活動されていない可能性も……。でも完全にあきらめきれないんですよねぇ。

2.祝!シリーズ再開or完結でリスト除外作品

●「DESPERADO」シリーズ 柏枝真郷
最新刊発売日:同人誌ACORN vol.6 第12話「Baby alone in Babylone」 2015年08月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
同人誌で公開された1話と2話、新作12話の合計3話が、電子書籍で公開されました。元の発売日は約3年前ですが、広く一般に流通する電子化は今年で、シリーズ再開と考えています。次の新作、待ってますよ~。

●「厄介な連中」シリーズ 柏枝真郷
最新刊発売日:第17話「ACORN vol.7 厄介な連中17: 嘘をつくなら墓場まで」 2016年08月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
「DESPERADO」シリーズと同じく、電子書籍化された同人誌で進んでいます。15~16話も公開されているので、今後も続きそう。同人誌の内容一覧は、柏枝真郷さんのHP「ACORN」のSpecial(同人誌特設ページ)で確認できます。

「東方美人」かわい有美子
最新刊発売日:第2巻「東方美人2 千年王国」 2014年02月
出版社を変えて文庫化&大量書き下ろし&イラスト変更で、旧版と同じタイトルかつ2冊で完結しました。初版から10年経っての完結で、あきらめずに気長に待ったかいがありました。内容にも満足です。

●「青の軌跡 カデンツァ」久能千明
最新刊発売日:第7巻「カデンツァ (7)」 2018年03月
「完結一気読み認定」作品です。5巻が2015年12月に出てから約1年ごとの刊行ペースが止まり、油断していたら、6巻7巻同時発売で完結してました。これでやっと読める〜!

●「吸血鬼と愉快な仲間たち」木原音瀬
最新刊発売日:NOVELS PLUS MINI 9「吸血鬼と愉快な仲間たち」 2017年冬コミ
これも「完結一気読み認定」作品です。コミックは連載中、同人誌での連載も続いているので、リストより除外しました。1冊分まとまれば書籍化もあり?当分先なら同人誌を電子書籍にしてほしいんですが……ムリかな。同人誌については、木原音瀬オフィシャルサイト「suiom」の、「DIARY」をチェックしてください。

●「慈英×臣」シリーズ 崎谷はるひ
最新刊発売日:シリーズ作品集「あどけない日々はめぐり」 2018年01月
 →【管理人のシリーズ感想はこちら】
シリーズ第2部が終了して作者さんが休養に入ってから、4年。休養前に予定されていた作品集が今年発売になりました。新しいスピンオフ作品も発売になり、第3部の開始も期待できそう?

●「緋色の花嫁」シリーズ 水瀬結月
最新刊発売日:第2章2巻「緋色の花嫁の骨董事件簿〜白もふとの戯れ編〜」 2018年04月
第1章完結が2013年。5年後の今年、電子書籍形式で第2章がスタートしました。作者さん曰く「日常ほのぼの外伝的なつもりで書いてるので、本編(第一部)ほどのシリアスさはありません」「本編の『続き』を期待されてると物足りないと思います」とのこと。それでもファンからすれば、嬉しいんです。

●「薔薇の〜」シリーズ 水戸泉
最新刊発売日:小説花丸「薔薇の名前検廖2017年11月
初版は1997年、2008年に出版社が変わって1冊だけ出て止まりました。過激なエロシーンが魅力で、続きが気になっていた作品です。2017年にリメイクされ、「小説花丸 」で4話完結しました。元はもっと長い作品だけど、これで終わり?続編を期待したいところです。

●「伯爵」シリーズ 高月まつり
最新刊発売日:伯爵シリーズ番外編9「 行ってきます。」 
同人誌で公開された番外編が、電子書籍で公開されました。元の発売日は不明ですが、広く一般に流通する電子化は今年です。本編は完結済みですが、これから新展開も期待できる?

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします