孤独な犬の飼い方 (GUSH COMICS)
大学生・城瀬(しろせ)×介護士・牧優斗(まきゆうと)

《感想》

今回のお話の主人公は、犬の方。でもMじゃありません。というか、SMな話じゃありません。タイトルとあらすじでそっち方面を期待した人には、肩すかしかも。

中学までは虐められていた城瀬ですが、今ではエリート大学生。そしてSの「ユウト」としてソチラ方面ではちょっとした有名人です。でもSというよりは、昔の鬱屈をやり返してるだけな雰囲気なんです。

そんな彼がゲイバーで再会したのが、中学時代の先輩・牧でした。そう、城瀬の偽名「ユウト」は牧からきてたんですね〜。そして牧は昔も今も、城瀬のことを「シロ」って呼ぶんです。これが「犬」みたいってこと。

牧のポジティブさは昔から城瀬の憧れでもあり、好きだから複雑な想いを抱えてもいました。城瀬はさんざんいじめられて人間嫌いになったこともあり、素直に告白なんて無理。それどころか牧が受け入れたとたんに、なんとヤリ逃げですよ!

その後、友人の後押しがあってやっと想いを伝えることができました。描き下ろしでは、2人してバカップル全開です。でも城瀬のSM相手とか、2人と行動範囲がかぶってるけど大丈夫なのかな?描き下ろしの城瀬の「幸せすぎてコワイ」が続編のフラグ……ってのは考えすぎかな。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)一流大に通うエリートの城瀬には裏の顔がある。ゲイバーで有名なドSの「ユウト」の顔だ。今でこそドMたちを傅かせている城瀬だが、かつてはイジメに遭い、おどおどした中学時代を過ごしていた。ある日、城瀬は行きつけのゲイバーで当時を知る人物と再会する。彼の名前は「牧優斗」…城瀬が仄かな想いを寄せた相手で―――?
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします