孤独な鷹は人恋しくて (Canna Comics)
高校先輩・西成勇誠(にしなりゆうせい)×高校後輩・大月穂鷹(おおつきほたか)

《感想》

黒岩チハヤさん、初読みの絵師さんです。綺麗な表紙の絵とタイトルに惹かれて、購入。いわゆる表紙買いですね〜。この場合の勝率は意外と高いほうで、今回もなかなか納得の内容でした。

高校時代にフッた後輩と再会した、勇誠目線で話は進みます。自分だけに懐いてくる穂鷹が気にはなっていたものの、色々気になるお年頃だった勇誠は、とっさに穂鷹の想いを否定する言葉をぶつけてしまいます。そして月日が流れ、上司(もちろん男)の恋人として穂鷹と再会することに。

上司の雰囲気や穂鷹の言動から、実は上司の恋人ってのはウソなんだろうな〜とか、穂鷹はいわゆる超ツンデレちゃんなんおね〜とか、わりと展開は予想できました。いわゆる王道ツンデレBLです。

BLを読み慣れた身としては、ちょっと物足りない感じも。でもそれを補ったのが、綺麗な絵と、チャラく見えてとってもいい奴だった勇誠のキャラ、そして半端ないツンの穂鷹が赤面した時のお顔でしょうか(笑)。

今回、穂鷹は結局「好き」って言わなかったんですよね〜。まぁ昔に勇誠にフラれた時のことが相当トラウマになってて、心底気持ちを勇誠に委ねられないんじゃないかな。それを勇誠も解ってるから、今は自分の気持ちを一生懸命伝えてるんでしょうね。ということは、もしかしたら穂鷹が本音を伝える続編があるのかも?

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)学生時代、男の後輩・穂鷹から突然告白され、恥ずかしさのあまり酷い振り方をしてしまった勇誠。無愛想だけど一番懐いていた可愛い後輩だけに、傷つけてしまったことを今でも後悔していた。しかし、数年ぶりに偶然の再会を果たした穂鷹は、酔っ払った勇誠を誘惑してくるような魔性の男になっていて――!?
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします