うちの神様にはがっかりだ! (キャラコミックス)
神主・大幡谷将和(おおはたやまさかず)×不動産会社勤務・日暮悠人(ひぐらしゆうと)

《感想》

タイトルと表紙の絵から、本当に神さまが出てくる話だと思ってました。将和が実は神さまを体に宿してるとか、そんな感じ。おまけに冒頭で将和が「神の子だからうかつに子孫は残せない」的な発言をしてたもんだから、やっぱりね〜って思いながら読んでたんです。

でも話が進めば進むほど、私のなんちゃって予想からは遠ざかってくじゃありませんか。ご神木は意思を持ってそうだし、悠人は無自覚な浄化の力を持ってるけど。肝心の将和は、単に綺麗な心の悠人が大好きなフツーの神主さんでした、ハイ(笑)。

今回は佐々木禎子さんの原作ということで、いつのも山田ユギさんからすると甘さが3割増しな感じでしょうか。周囲の人間もマイルドな感じで、穏やか目の話が読みたかった私にはちょうどいい具合。BL初心者さんにはちょうどいいんじゃないでしょうか。

もちろん電車内で読むにはちょっと…な肌色シーンもちゃんとありますよ〜。作中で触手シーンがあるのは、佐々木禎子さんが見たかったからだそうで(笑)。確かに山田ユギさんって基本現代モノばかり描かれるから、まず見かけませんもんね。まさしくサービスカットでした。

番外編では悠人の上司の話や、描き下ろし小説の温泉話もあり、なかなかの盛りだくさんな一冊です。電子書籍限定のオマケは、4コマが2本の1ページ。4コマで飼い猫を可愛がる悠人弟の話があるとしたら、もしかしての擬人化…ってことはないですね(笑)。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)実は霊感体質だけれど、見えないモノは信じない──不動産会社のリーマン・悠人の悩みの種は、幼なじみで神社の息子・将和。社会人になって再会してからというもの、「悠人は初恋の人だ」といって、顔を見るたびに口説いてくるのだ。本気にせずにかわしていた悠人だけどある日、担当している物件に、幽霊騒ぎが発生!! 将和に お祓いを頼むことになり…!?
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします