愛の子羊 (ショコラ文庫)
ホストで吸血鬼・ユアン×探偵事務所勤務・筒井弘斗(つついひろと)
※シリーズ物です。既刊感想はコチラ→「愛の狩人

《感想》

前作がとっても楽しかった作品の続編です。前の感想で書いてた「二人の仲に反対してる探偵の叔父」や「二人の寿命差」に方向が示されました。そうくるか〜。

まず、叔父さん・稲葉について。ユアンの正体に気づいてそうな謎な一面がありましたが、その理由が判明。なんと恋人が吸血鬼だったんですねぇ。若い頃に海外で出会って本気で好きになったけど、諸事情あって相手の元に戻らず日本にいたんです。で、その恋人が様子を見に来日するのが今回の内容です。

この吸血鬼・通称伯爵は、人間を吸血鬼にする能力を持っていました。そう、「二人の寿命差」に大きな影響のある人だったんです。情報収集のためにも、伯爵の機嫌をそこねないように使いっぱしりに甘んじてます。あのユアンが(笑)。

叔父カップルのあれこれや、伯爵にくっついてきた狼男が原因の騒動を乗り越えて、弘斗は吸血鬼にしてもらう確約をゲットしました。ただし。今のまま不老不死になると幼すぎて不便だから、数年後の予約です。

天然っこ弘斗はさっくり吸血鬼になるつもりですが、ユアンはと〜っても悩んでます。そこで、弘斗が自分でユアンを説得。「人間のまま寿命まで長生きする自信がない」ってのが…(笑)。どんくささ&揉め事ホイホイ具合はユアンもよ〜く知ってますから、ねぇ。

カップルが成立した後の話なので、1作目より落ち着いた感がありました。個人的に大好きだったユアンの往生際の悪さも、今回は控えめに。続編だから当然なんだけど、なんとなく残念な感じも。新キャラたちが頑張ってますが、ユアンに比べると定番かな。

ところで今回のタイトルの「子羊」は、稲葉のことだそう。吸血鬼にならないと頑張ってますが、伯爵のほうがどう考えても上手だし、可愛い甥っ子もこの件に関してはアチラ側だし。き数年後には、神じゃなくて吸血鬼に導かれちゃうんでしょうねぇ。続編、でる?

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)探偵見習いの筒井弘斗は、美貌の吸血鬼ユアンの恋人兼エサである。口は悪いが弘斗を愛し守ってくれるユアンと、ずっと一緒にいたい。そう考えた弘斗は自分も吸血鬼にしてくれとユアンにお願いするが、ユアンにはその力がないという。そんな折、ドイツから弘斗の叔父・稲葉を訪ねて事務所に現れた謎の美青年「伯爵」。ユアンとも面識があるらしい伯爵はやけに弘斗を目の敵にするが、どうやら彼は「人を吸血鬼にする方法」を知っているらしく――。
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします