好きなら一緒 にっ (クロスノベルス)
自動車販売営業・根岸孝介(ねぎしこうすけ)×同僚・毛利薫(もうりかおる)
※シリーズ作です。既刊感想はこちら→「好きなら一緒

《感想》

今回の一押しは、実は裏表紙=冒頭カラーだったりします(笑)。中身じゃないのか…って言われちゃうかもしれませんが、めちゃくちゃ可愛いんですよ〜。根岸の息子・裕太の「初めてのおつかい」で、大量のサンマが入ったビニール袋を引きずってます。

雨上がりでレインコートを着て必死に頑張る裕太の後ろには、穴からこぼれたサンマが点々と続き、さらにその後ろでは電柱の陰からそっと見守る親バカ二人。スマホ片手に、記念日の録画もばっちりです。そんなレジ担当が男性店員でも堂々と出せる表紙に、ものすご〜く癒されましたよ〜(笑)。

では、本題の内容へ。今回も話は毛利の一人称で進みます。前回で主人公たちは育メンカップルとして既にまとまったので、今回は定番の当て馬登場…それも根岸・毛利の両方に同時です。根岸にはマンションの隣に越してきた女性、毛利には仕事で知り合った会社社長という組み合わせ。

実はこの当て馬、片方は裕太の祖父母の手先だったんですね〜。優秀な孫の裕太をまだあきらめてなかったんです。じわじわと二人の間に入り込み、心理的に同棲カップルの痛いところを突いてきます。

おかげで二人の間はすれ違いますが、もう一人の当て馬の情報&背中をドンっと押してくれたおかげで、無事に解決。お互いの気持ちそのものには揺らぎはないけど、守りたいからこその迷いだから、二人が本心で話し合えば怖いものはないってことですね。

迷惑当て馬は、きっちりお灸をすえられてスッキリ。でも今回もご登場がなかった祖父母は、そのままなんですよね。戸籍をきちんとすることになったから、これで決着するのかな。でもこのまま引き下がるとは思えないんだけどな〜。

ということで、祖父母がきちんと報いを受ける続編を希望します!主人公は、今回の当て馬&彼の紹介する弁護士、なんていかがでしょうか。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)営業マン・毛利は、同僚の根岸と現在半同棲中。最初は成績トップを争うライバル同士だった二人だけれど、根岸が育てる幼稚園児・裕太が恋のキューピッドとなり、三人で家族になろうと決めた。まずは正式な同居生活をスタートさせるべく新居探しを開始。ところが営業実績を認められた毛利は本社への短期出向を命ぜられる。多忙を極め、物件探しどころか裕太のおむかえもままならない。そんなとき、隣に引っ越してきた美女が、根岸と裕太に急接近してきて―!?
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします