メガネと運び屋 (リンクスロマンス)
運び屋・赤目梶(あかめかじ)×不動産屋・祠堂美季也(しどうみきや)

《感想》

表紙の肩並べてる感じがいいですね〜。私好みのツボを押してくれそうな雰囲気に、期待を膨らませて読み始めました。

話は、攻めの赤目視点で進みます。法に触れない限りなんでも運ぶという、ちょっと怪しげな運び屋さんです。仕事関係でヤクザや大物フィクサーまで面識があり、運び屋以外にも上場企業の顧問といった複数の肩書も持つ、ちょっぴり謎な人物。

そんな赤目が気に入ってるのは、仕事相手のメガネ・祠堂。仕事中の真面目な堅物な印象に反し、プライベートな彼はしなやかで幽霊を怖がる可愛らしい面もありました。祠堂の過去の恋人絡み(もちろん同性)のトラブルを偶然知ったこともあり、赤目はますます祠堂に興味を持ちます。

お互いに相手を認めて一緒に過ごすうちに距離を縮めていく展開は、まさに表紙どおり。本気になりそうで赤目が迷ってるときに、大きな事件が発生。これが2人の、特に赤目の背中を押しました。赤目のヤンチャな過去と現在のゴージャスな正体もネタ晴らしされて、すっきり綺麗にまとまります。

ただ事件の解決方法だけは、かなりグレーなんですよねぇ。まっとうな相手じゃないからそういうのもアリだとは思うんですが。ヤンチャを卒業して自力で今のポジションを得た大人の集団ならではのやり方って…、簡単に思いつけるわけありませんね(笑)。

おまけの短編は、祠堂目線。前の会社を辞めた直後の回想と、本編で約束した赤目との旅行の話です。祠堂の元攻めとしての男のプライドは、なんとなく解るかな。冗談のつもりのベッドポジション争いは、祠堂が完全に白旗を上げる結果となりました(笑)。

この話、まだまだ続きが書けそうな気配が。作者さんが後書きで書かれているように、次回は祠堂に活躍してほしいですね〜。赤目に負けず劣らず、大胆な頭脳プレーなんか読んでみたいかな。ってことは、また事件に巻き込まれてもらわないと。編集さん、ぜひご検討をお願いします。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)法に触れるもの以外ならなんでも届ける、繁華街で有名な運び屋である赤目。男も女もいける口の遊び人である赤目は、ある日ゲイバーで仕事の相手である不動産屋・祠堂に会う。普段はメガネにオールバックで隙のない彼が、その日はプライベートで柔らかな印象の姿を非常に気に入った赤目は、以来、彼を口説き始める。祠堂との距離も徐々に近づくなか、あるきっかけから彼の辛い過去を知ることになる。軽い気持ちで口説きはじめたはずの赤目だったが、トラウマを乗り越えようと努力をする祠堂の姿に、本気で惚れ込んでゆき―。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします