理不尽な恋人 理不尽な求愛者2 (キャラ文庫)
大学教授・一色冬里(いっしきとうり)×警視庁刑事・清白恵一(すずしろけいいち)
※シリーズ物です。既刊感想はこちら→「理不尽な求愛者

《感想》

2週連続の台風に、おとなしく自宅で過ごしました。その分読書をすればいいのに、気になるTVやサイトをチェックしてたら、あっという間にお休みは終了。積読山が「丘」になるのはいつのことやら。

短い読書時間で読めるもの、ということで薄めの本作を山からチョイスしました。火崎さんの作品はいつも後書きにその後の妄想ネタがあるものの単発が99%で、シリーズ化されるのはごくわずか。そんな残り1%に入る続編です。

「2時間サスペンスに某推理物の准教授を足して2で割ったような」と感じた前作に引き続き、今回も刑事の清白目線の推理モノ。資産家の子供達が被害者の連続殺人事件です。事件と並行して二人のイチャイチャシーンもある…けど控えめ少な目(笑)。清白が恋愛体質じゃないんですよね。

何より清白にも刑事としてのプライドがあるので、事件に関しては一色に頼りたくないというのが本音で。特に今回、一色はあくまでも第三者。現場を見たわけでも捜査情報を知ってるわけでもなく、なのに上からに聞こえる発言をされて、イラッときちゃうんです。

一方の一色は、好きな相手との時間を堪能したいタイプ。事件なんかさっさと終わらせて一緒に過ごしてほしいんです。でも仕事優先の清白の気持ちを尊重してたら会う時間が減って、さすがに不満もつのって。愚痴のひとつやふたつは言いたくなるってもんです。

頭のいい一色独特の発言に一度は言い争った清白ですが潔く謝って教えを請い、お決まりの関係者を集めての謎解きへ。めでたく事件が解決し、一色お待ちかねの恋人タイムのラストへと向かいます。

一色がね〜、今回もいい味出してるんですよ。清白と二人で楽しみたい、そんな目的のために男同士のお作法情報収集も欠かしません(笑)。多少の空気読めない発言があったとしても、それは清白が一色にものすご〜く我慢させてるから。せめてオフではもう少し甘えてあげれば、一色も落ち着くんでしょうけどね。

ラストでは少しでも一緒の時間を増やそうと、一色が同居を申し出ました。清白がそう簡単に受けるとも思えないし、もし続きがあるなら、次回は同居するしかないような事件でしょうか。二人のシーンが増量で読めるといいなぁ。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)大学構内で起きた殺人事件をきっかけに、大学教授の一色と恋人になった刑事の清白。変わり者だけど深い愛情をそそいでくれる一色と順調に関係を育んでいたとき、 新たな事件が発生! 旧華族の出で実業家でもある本郷家で、子息が何者かに殺されたというのだ!! 事件解決に奔走する清白は、一色との逢瀬もままならない。二人の間に、次第に亀裂が入り始めて…!?
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします