孤高の白豹と、愛執を封じた男 天国へはまだ遠い (アズ文庫・ホワイト)
吸血人豹一族・セルリア=ブラン×薬剤調合師・芦屋千早(あしやちはや)

《感想》

レーベルの設定「微BL」どおり、というよりも「BLじゃない」といって問題ない内容でした。BL初心者さんはもちろん、非BL愛読者でも大丈夫じゃないかな。

ジャンルとしては、近未来ファンタジーでしょうか。白虎は時々見かけますが、白ヒョウはBL設定では珍しいですね。攻めイメージだと黒ヒョウが多いし。しかも吸血というオマケもついてます。

セルリアはたまたま千早を吸血相手に選んでしまったがために、千早以外からは血が飲めなくなってしまいました。それほど千早の血が特別なんですが、美味しいとか力があるとかそんな理由ではまったくなくて。むしろ逆の毒だったんです。

自分の作る薬の効果を確かめようと呑み続けたため、千早の血は他人にとっては猛毒で。なんとかセルリアは生き延びましたが、千早以外の血ではアレルギーを起こす残念な体質になっちゃったんですね〜(笑)。

だから一緒にいること事態、セルリアにとっては不本意なこと。そんなセルリアも千早にとっては「可愛い」って感じなんです。なぜなら千早は、不老不死の呪いを受けて1,000年以上生きてきたから。動じず淡々とした年寄りっぽい言動も、寿命を考えると納得です。

同族からの根拠のない拒否や、千早の秘密を勘違いした人物の襲撃など、辛い出来事や事件を乗り越え、2人はお互いを道連れとして認めます。特にセルリアは不老不死になっても千早を責めなかったのは、とっくに千早を認めていたからなんでしょうね。

続きがあるとは書いてませんが、シリーズの初回といった感じ。登場人物紹介と関係の説明がメインになってます。おかげでさらっと読みやすかったけど、ちょっぴり物足りない感じも。続編があるなら、もっと2人が感情むき出しにした話も読んでみたいですね〜。

エロは皆無なので、がっつりBLを読みたい、という方には物足りないかと。でもさらに上級者になってくると、妄想の幅が広がりやすくていい作品…なのかも?

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)24世紀半ばのTOKYO――ボディガードのセルリアと同居中の千早は、『ルース』という地下組織に属する天才的な薬剤調合師。見た目20代後半の千早だが、実は陰陽師の家系で不老不死の呪いをかけられ千年以上を生きている。一方のセルリアは純白の皮毛をした吸血人豹一族の異端児。よりによって特殊な血をもつ千早を餌に選んでしまったため、不本意ながら千早と暮らすことに。そんな孤高のふたりに組織を通じて仕事の依頼が…。
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします