The Cop―ザ・コップ― The Barber2 (キャラ文庫)
刑事・正田剛(しょうだたかし)×会員制理容室経営・如月雅春(きさらぎまさはる)
※シリーズ物です。既刊感想はこちら→「The Barber―ザ・バーバー―

《感想》

前巻の表紙では、如月が仕事道具である剃刀を手にしていました。今回は正田がやはり仕事道具である銃を手にしています。緊迫した場面のはずだけど、前作よりも駆け引き感が薄くなり甘くなってるような気がしたのは、気のせいじゃないはず。

さて。続編で正田の名前の読み方そして正田が警察官になったきっかけも、久しぶりのピロートークで明かされました。時間が空いた間に二人の心の距離はぐっと縮まり、ついにそれぞれ自分の想いを自覚します。でも二人が近づくほど面白くない人物が一人。そう、今までハルの絶対的存在だった陳です。

もっと陳が裏から正田にあれこれ仕掛けてくると予想していましたが、そういった事態にはなりませんでした。手を出したいけどハルに嫌われたくないとかプライドとか、いろいろ複雑なものがあるんでしょうね。ハルの告白や正田との正面対決といった折に触れ本気の執着を見せますが時既に遅く、ハルの気持ちが揺るがないことを見せ付けられただけでした。

対等な二人がただ一人惹かれる相手を見つけてその想いを隠さずぶつけ合う関係、ってやっぱりいいですねぇ。その絆の固さを確認するために陳にはもうちょっとちょっかいを出して欲しかった気もしますが、彼の妨害はおふざけじゃ済まかっただろうし。正田のためには、直接対決だけで終わって良かったんでしょう。

今回は前回と違い、ハルは事件とは積極的には関わりません。その分、疎遠だった家族との和解があります。陳も恋人ポジションは正田に譲ったけどハルを見守る立場は変わらないし、正田にも毛利という過去の因縁で結びついた相手がいて、彼も義兄弟の縁を主張しています。これを書いてる今頃気付いたけど、どうやら今回はいろんな「家族」の形がサブテーマだったのかな。

ということで、久々に好みど真ん中な水原作品でした。やっぱりこれからも水原さんは追っかけなきゃ。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)会員制高級理容室の顧客が殺害された! 「ザ・バーバー如月」に捜査に訪れた刑事の正田は、若き店長・ハルに疑惑の目を向けてくる。身なりに構わず一匹狼の風情の正田に心奪われるハル。無精髭に隠された美しい骨格、彫りの深い整った目鼻立ち。この野性的な男を変えてみたい。刑事と容疑者の枠を超え急速に近づく二人だけど!? 密やかな個室で萌芽する恋情ドラマティック・ラブ!!
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします