The Barber―ザ・バーバー―【キャラ文庫】
刑事・正田剛(しょうだ)×会員制理容室経営・如月雅春(きさらぎまさはる)

《感想》

カバーイラストの、鏡に映った二人がいいですねぇ。2人ともスーツ姿なんですが、正田は無精ひげで着崩していて、ハルこと如月はきっちり着こなして手には剃刀。甘いような緊張が漂うようなどちらとも取れる表紙に、内容への期待も高まるってもんです。

水原さんの書かれる作品の受けは、精神・肉体的に辛い状況に耐えるタイプが多いんですが、たま〜に図太いビッチもいたりします。今回の表紙のイメージから、ダークサイドに所属するハルと刑事の正田が対立しつつ惹かれる展開を予想したところ、ハルは普通の一般人でした。しかも、自分で考えて行動する私好みの受け、という注釈つきです。

自分の仕事にプライドを持ち努力し、しかも恋人がいるときはその相手一筋でビッチでもありません。初対面からお互いに惹き合った二人は、ハルが事件解決にむけて積極的に関わることで距離がぐっと近づきます。普通ならこのままカップル成立して終わりですが、すんなりそうならないところが水原さんらしいというか。当て馬というか第三の存在として、ハルの絶対的な拠り所である陳を登場させます。

ハルが光の当たるところに居る分、そのハルと肉体的にも関係があり精神面で囲い込んでしまっている陳がダークサイドです。自分好みにハルを育て上げ、ハルにとって自分が絶対的な存在であることも自覚しています。だからハルが恋人を作っても、今までは気にしていませんでした。ところが正田の事はちょっと違ったようで、危惧したとおりにハルは正田に惹かれていきます。

でも今回は、ハルは陳の元から離れるところまではいきません。陳は正田への警戒感を強めてるし、正田も過去にいろいろありそうだし。どうみても続編ありな終わり方だよね〜、って思って感想を後送りしたところ、やっぱり続編がでました。お正月に2冊合わせて読んで、やっと感想を上げられてすっきりです。ということで、続編はまた明日。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)会員制高級理容室の顧客が殺害された! 「ザ・バーバー如月」に捜査に訪れた刑事の正田は、若き店長・ハルに疑惑の目を向けてくる。身なりに構わず一匹狼の風情の正田に心奪われるハル。無精髭に隠された美しい骨格、彫りの深い整った目鼻立ち。この野性的な男を変えてみたい。刑事と容疑者の枠を超え急速に近づく二人だけど!? 密やかな個室で萌芽する恋情ドラマティック・ラブ!!
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします