はめてやるっ! (SHY文庫03)
舎弟・安藤龍青(あんどうりゅうせい)×暴力団若頭・辰巳鋭二(たつみえいじ)
新書既刊感想はこちら→「はめてやるっ! 」「おとしてやるっ!」「やってやるっ!

《感想》

SHYノベルズは好きなBL作品が多いレーベルです。老舗なだけあって作品数も多いんですが、古い本は在庫切れが多くて。いわゆる名作だと古本でもびっくりする価格がついていて、読むのにも一苦労でした。そんな読者の声が届いたのか、このたび創刊されたSHY文庫は、旧作の文庫化がラインナップに含まれています。今日の本もそんな一冊。

加筆修正のない本編の感想は前にあげたので省略して、ノベルズと文庫の違いをいくつか。文庫の表紙と背表紙は黒ベースで、イラストは既刊ノベルズと同じですが、裏表紙は白地にあらすじだけとシンプルになっています。カラー口絵も前と一緒ですね。

あらたに収録されたのは、20ページ足らずの短編1作。文庫の書き下ろしでイラストはありません。辰巳が安藤を拾う前後のエピソードが補足されています。2人でオムライスを食べるなんて一見ほのぼのしたシーンですが、その前後の安藤の気持ちの変化が切ないというか強いというか。現実を受け入れた瞬間です。

作者後書きによると、新作や2人が出会ってからこれまでの10年の話などの用意があるそうで。同人誌では出ていた続きが気になっていたので、私としては嬉しい限りです。後書きでも話題に出ている北野監督の「アウトレイジ」もヒットしてるみたいだし、悪いヤクザが主役の話も今ならGOサインが出やすいのかも。12月にはシリーズ第2作の文庫版も出ることだし、この勢いでがが〜っと新作お願いします!

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)広域暴力団傾正会の若頭・辰巳鋭二は、一見堅気のいい男だが、目的のためには手段を選ばず、一度狙った獲物は決して逃さない。辰巳はある利権を得るため、新宿のホスト・コージを手に入れ、男を虜にする技を学ばせる。辰巳の部下であり番犬でもある安藤は、コージの存在に苛立ちを隠せずにいた。そして利権のため誘拐された少年・笙は、人質としてコージに抱かれ続けるが、次第にふたりは惹かれあっていき・・・
男たちの欲望が燃えるヒートアップストリー、文庫になって登場!!
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします