探偵は危険を運ぶ (ビーボーイノベルズ)
探偵・新堂隆俊(しんどうたかとし)×検事・笹原裕(ささはらゆう)

《感想》

先日読んだ中原作品が良かったので、もう一冊手元にあった本をすぐにチェック。安定感のある文章&展開に、最後まできっちり楽しめました。

主人公達は、野性味溢れるおっさん×生真面目几帳面という、わりと定番な組み合わせ。なので、恋愛面での展開は意外性は少ないというか、ある程度予想がつきました。ドキドキと先が気になったのは、事件の進展。

とある殺人事件の容疑者を起訴するか、担当になった笹原は悩み、現場に出向きます。そこで出会ったのが、容疑者の婚約者からの依頼を受けた新堂でした。それ以降なにかと付きまとう新堂を嫌がっていた笹原ですが、新堂が襲われる場面に出くわしてから、協力することに。すると警察内部に疑わしい人物が浮上して…。

真犯人が身内にいる可能性が高い、となってからは、笹原の周辺の人物がすべて不審に見えてきます。一見親切で手伝ってくれる人物が真犯人、という展開は火サスやBLでよく見かけますもんね。今回は…っと、サスペンスのネタ晴らしは控えないと(笑)。

恋愛については、ちょっと急いだ感が。あれだけパターンから外れることを嫌う笹原にしては、葛藤が少なかったかな。まぁ、犯人扱いされて逃亡したり、新堂が目の前で倒れたのを見たら、いろんなものを一気に飛び越るのも当然かもしれません。

個人的には、勢いという点で前作のほうがより好みかな。真面目眼鏡ちゃん好きの方は、今回の方が合いそうです。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)メガネはつけたままでいろ。そのほうが燃える―。何事もきちんとしないと気がすまない検事の笹原は、不審な点があるジャーナリストの殺人事件の起訴を躊躇っていた。そんな笹原の前に現れた胡散臭い探偵の新堂。笹原についてまわり、事件を嗅ぎ回るこの男の真意は!?いつものペースを乱され、ついには躰中のホクロの数を数えられ、指で淫らになぞられて!!男同士の仕事と恋の駆け引きは、熱く激しく互いを結びつけ!?―。
(Amazon「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします