アクアリウムの中の恋 (ビーボーイノベルズ)
大学生・沢田祐司(さわだゆうじ)×専門学校生・椎名律(しいなりつ)

《感想》

先日アップした同じ作家さんの「終わらない恋の約束」とは、雰囲気が全く違いますね。発売日はあちらの方が後だから、順番に読んでたら違った感想になったかも。

主人公・祐司の気持ちに的を絞って、淡々と話は進みます。中学時代に同級生だった2人は、祐司が飼っている熱帯魚が縁で親しくなります。皆に頼られるリーダー的存在の祐司と、群れずに無口で喧嘩っ早い椎名ですが、なぜかお互いに心地良く感じていました。でも、椎名の転校を機に疎遠に。

偶然アルバイト先で再会してからは、2人の関係はすぐに元通りを通り越し、祐司は恋愛感情を自覚します。椎名に告白し、体を含めて受け入れられたつもりでしたが…。

椎名が本当に野良猫みたいで、良いですね。言葉の代わりに物のやりとりで気持ちを表すなんて、まさしくそうじゃありませんか。そんな椎名が祐司の情熱を上手く受け入れられなかったのも、とても納得できます。押し切られるような関係から一度離れて自分の気持ちを見つめ直すことで、嫌悪していたSex含めて祐司が欲しいと伝えることが出来ました。大人になった瞬間です。そうそう、当て馬君に襲われても、自力で撃退できる腕っ節もいいですねぇ。

まるで椎名が主人公のような感想になってしまいましたが、単に主人公よりもマイツボだったということ。もちろん、祐司の葛藤や熱情もメリハリになって、とっても話を盛り上げてます。でも椎名が気になったのは、素敵イラストの所為もあるかもしれません。あ〜北畠さんの絵って、やっぱりいいわぁ。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)「逃げないなら、―お前を抱く」アルバイト先で元同級生の椎名と偶然再会した沢田は、昔とかわらず自分にだけ懐いてくる椎名に愛しさを感じていた。無口で人に媚びない、芯が強い椎名―その彼が自分の前では無防備になり笑顔を見せてくれる。心の中の愛しさは次第に欲情にかわり、キスしたくて触れたくて、堪らなくなる気持ちを抑えきれず、沢田は自分にだけ懐く椎名の気持ちを利用して、ある選択を迫って…。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします