ひとりごとの恋 (SHYノベルス)
ウェブデザイナー・牧野悦巳(まきのえつみ)×会社員・菱田友也(ひしだともなり)

《感想》

昨日は熱かった…。6月なのに、溶けるかと思いましたよ。こんなときは、重い本はとてもじゃないけど読む気分になりません。軽くて楽しくて、寝転がって読めるようなのを、山からチョイス。山の捜索だけで大量の汗が噴き出して、予想外にハードな運動でした…。

でもその甲斐あって、楽しい作品を発見。ずっと親友に恋してきた友也は、その親友が離婚したことをきっかけに同居を持ちかけます。親友と過ごす時間に夢を膨らませていた友也ですが、親友の弟・悦巳まで同居することに。

親友で部下の卓巳はいい人ですが、周囲の気持ちに疎いタイプ。まだ元嫁に未練たっぷりで、友也の気持ちにはまったく気付いていません。仕事のフォローなど、報われないのに尽くす友也を見て心惹かれたのは、悦巳でした。

この悦巳。暴走俺様タイプかと思えば、大事なところでは相手を想って気持ちを抑えられる大人でした。過去に家族からも愛された思い出の少ない友也にとって、自分を見守ってくれる存在に惹かれるのは、当然のことで。新たな一歩を踏み出したおかげで、気持ちを伝えるのが下手な家族とも新しい関係を築き始めます。

友也の一人称で進む雰囲気は、「交渉人シリーズ」に似ています。アチラよりは軽くて単純に楽しめますね。個性的な登場人物も複数登場しますが、全員うまく使われている感じいいですね。特に友也のお兄ちゃんはドイツでロマンスがありそう〜、って勝手に思ってます。リンク作読みたいけど、出てないんですよね。残念。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)「知られたくないんだろ?長い長い片思い」切れ者と評判の菱田友也が思いがけず片恋の相手・牧野卓巳と同居をすることになった日、幸せとともに禍もやってきた。牧野の弟・悦巳だ。兄貴への想いをばらされたくなければ、オレもここに住ませろ、そんな脅しに渋々始まった奇妙な共同生活だが、強引に迫るかと思えば、思いがけない優しさをみせる悦巳に菱田の心は乱されっぱなし。いつしか悦巳の熱い視線に菱田の心は惹かれていて―。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
応援ポチよろしくお願いします