スイーツキングダムの王様 (ディアプラス文庫)
洋菓子メーカー御曹司・杏藤憧一郎(あんどうしょういちろう)×高校生・矢野珠希(やのたまき)

《感想》

ある意味定番というか、安心して読めるBL小説でした。なんだか最近、水戸黄門的な作品が無性に読みたいのは、●●のせい?

複雑な家庭環境とそれに伴う過去の辛い経験から、珠希は冷めた、でも無意識では愛情に飢えていました。そんな時に出会ったのが、電波の国の王子様のような杏藤。真面目に誠実に自分に好意を向けてくる杏藤も、恵まれているようで実は辛い環境で育ちました。その電波な言動にもちゃんと理由があったんです。お互いに惹かれるのは、必然だったんですね。

珠希が、母親のことを捨てたいと思いつつ完全に見切れないのは、やっぱり子供だから。辛い体験を話さないのも、自分が負けたくないのと、母を傷つけたくないという優しさがあったから。そんな珠希が事実をぶちまけたのは、幸せそうな母に嫉妬したのもありますが、それだけじゃなくて、今の母ならこの辛さを受け止めてもらえると、子供特有の敏感さで気付いていたんじゃないでしょうか。

とまぁこんな感じで、BLとしてはありがちな展開だったので、親子関係に気持ちがいってしまいました。斜めな感想になりましたが、まぁたまには(いつもかも…)いいかな。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)母譲りの美貌で男女問わず手玉に取ってきた珠希は、バイト先のコンビニでちょっと親切にしただけの浮世離れしたサラリーマン・杏藤に告白される。もちろん断る気でいたが、彼が大企業の御曹司だと知り付き合いを始めることに。だが純粋過ぎる杏藤に、珠希もいつもの調子が出ない。汚れきった自分を優しいと言い、大切なもののように扱ってくれる杏藤。そんな彼に珠希の心も…。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします