肌にひそむ熱のありか (リンクスロマンス)
彫刻家・佐宗遼河(さそうりょうが)×美大生・三嶋倫生(みしまともき)

《感想》

実はなんでこれ買おうと思ったのか、全然覚えてないんです。でもかなりのツボ具合に、買った自分を褒めたくなりました。グッジョブ、私!

そんなわけで、内容に関する前情報の記憶が全くない状態で読み始めました。自分の殻を破れず悩む日本画の倫生と、溢れるエネルギーをぶつけたような作品を造る遼河の、芸術家BLです。基本的に倫生目線なので、傍若無人な遼河に最初はちょっと拒否感もあったんですが、その一途さに引き込まれました。

話の内容としては、今の自分からの脱皮に苦しむ芸術以外は不器用な二人の恋、といった感じでしょか。そんな二人が見つけたのは、まさしく魂の片割れだったんでしょう。テーマそのものとしては目新しくはないかもしれませんが、相手に刺激を受けて育っていく対等な位置に立つ二人というのが、ツボでした。

成長という意味では、後半は遼河の精神面の成長が素晴らしいですね。倫生の悩みに気付き、自分の気持ちや考えをきちんと言葉にして伝えるという技を披露してます。前半のゴーイングマイウェイっぷりからは、信じられないほど。考えて納得しなければ進めない倫生も、こんな相手といればどんどん強くなって当然です。

好きな話って続編を凄く読みたくなるんですが、この話に関しては、ここで完結しても不満なしって感じです。それぐらい、これからの二人が信じられるというか。きっちり1冊で世界を堪能できました。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)美大生の倫生は絵が思ったように描けないことで、スランプに陥っていた。そんな時、新進気鋭彫刻家の遼河から、骨格のモデルをしてほしいと依頼される。彼の作品に魅せられていた倫生は、遼河の強引で誘うような態度に戸惑いつつも、天才から何かを得たい気持ちもあり承諾する。最初は頭蓋骨を触るだけだったが、首筋、手足と触れてくる場所がきわどくなるにつれ、倫生は官能的な感覚を募らせてしまい…。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします