夜逃げマニュアル (SHYノベルス)
逃がし屋・山崎潤一郎(やまざきじゅんいちろう)×フリーター・坂下満(さかしたみつる)

《感想》

軽快な印象の、タイトルとイラストに惹かれて購入。さくさくっと読了です。

満は、事業に失敗した父が夜逃げ依頼した山崎に断られたことを知り、なんとか引き受けてもらおうと単身事務所に乗り込みます。あの手この手で付きまとううち、なぜ山崎が断ったかを教えられ、信頼するように。山崎もじゃじゃ馬なようで筋の通った満に惹かれていき…という話。これが表題作です。

同時収録の続編の方がボリュームがあり、レギュラー格新キャラも登場します。そちらは、親は無事に返済のめどが立ち旅立った後、山崎と同居を始めた満の話です。山崎には、暴力団組長の外腹で組を嫌って外に出ている、という裏設定が明かされます。組とは関係ありませんが、山崎の仕事がらみで満に危険が及び、今後の身の振りを考え始めるという、続編ありますよ〜っと文字にせずとも宣言している終わり方でした。

キャラは元気で勢いがあり、読んでいて気持ちいいんです。話もテンポ良く進みます。でも読了してまず思ったのは、全体的にどこかで読んだことがあるかも、というデジャブ感。これって凄くもったいないですよ〜。というか、BL読みすぎでパターンが読めるようになった私に、一番原因があるともいえます(笑)。

それは別として、もう一捻りというかもう一歩突っ込んだ内容があれば、もしくは弾けていれば、きっともっと楽しめたと思います。前に夜逃げ屋が主人公のドラマがありましたが、ああいうコメディタッチで勧善懲悪な感じを期待したのもいけなかったかも。

ちょっと辛口になり間ましたが、先入観無しで読めば楽しめると思います。興味のある方は読んでみてくださいね。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)アルバイトで家族の生活を支えている坂下満は、父が夜逃げを依頼し断られた山崎の事務所を訪ねた。一目でキケンな男だと分かる雰囲気を身に纒う山崎にすげなく追い返されてしまう満。けれど、なんとか依頼を引き受けさせるために事務所に通う内に山崎の優しさに気づく。次第に山崎に会うこと自体が目的になっていたある日「…おまえなら信用してもいい」と山崎に告げられ…!?グレーゾーンで生きる夜逃げ屋とのスリリングな恋。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします