実業家・梁瀬雅士(やなせまさし)×闇格闘選手・洪姿慧(ほんつうふぁい)

いつもだったら一方的に殴られたり蹴られたりして、暴力から精神を屈服させられることが多い水原受けさん。今回は一味違います。拳法の使い手で、殴られたら殴り返してます。表紙では剣を持ってますが、さすがに闇試合でも凶器攻撃はありません。

物理的には強いんですが、過去に母の男から性的虐待を受け無意識にトラウマになっている辺り、やっぱり姿慧は正統派水原受け(笑)なわけで。相変わらずヤクザに目をつけられてますが、今回は梁瀬というわりと常識的な人が守ってくれます。
姿慧が自分を大切にしてくれる梁瀬に惹かれるのはわかるんですが、梁瀬がなぜ姿慧を選んだのか。この辺り、もうちょっと書いてほしかったですねぇ。

中華街が舞台で主人公が拳法の使い手、というのは別名義で別レーベルから出ている「睡蓮シリーズ」と一緒です。この内容ならあちら名義のほうが合っているかも。というか、水原名義だともう少しダークでもいいかなぁ…なんてね。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします