シークレットでやっちまえ! (アイスノベルズ)
探偵・汐見征二(しおみせいじ)×刑事・市居瞳也(いちいとうや)

《感想》

なんとなく乗り切れないまま、読了しました。なんでだろ?

まず冒頭、市居が拳銃を常時携帯している時点で「?」となりました。後書きフォローもありますけど…ね。市居の俺様具合も、なんとなく合わないんですよ。

後半になって、汐見の過去や暗所恐怖症など、隠れていた事実がいろいろ明らかになってくると、俄然面白くなってきました。そうそう、こういうのがいいんだよ〜と思ってるうちに終了。結局、汐見が犯人かどうかは藪の中、読み手の想像に任されてます。こういう終わり方も、この話では「あり」なんじゃないかな。

じゃ、なんでいまいちだったのか。やっぱり第一印象ですかね。もうちょっと続きがあったら「良かった」と読了できたんでしょうが、最初のイメージを払拭する前に読み終わったわけで。続編があるなら、また感想が変わるかもしれません。

後半の勢いが良かっただけに、素直に楽しめなかった自分が、なんか悔しい〜。

≪追記≫
書き下ろし短編を加えた文庫版が、別出版社から発売されました。今から買うなら↓の文庫版がおススメです。なおタイトルが「Fuckin' your closet!!」に変わってるので、ご注意を。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)キャリアらしからぬ振る舞いの多い警視・市居瞳也は、嫌々呼び出された現場で狙撃事件を目撃してしまう。そこに居合わせた探偵・汐見征二から調書を取ろうとするが、口説かれたりキスされたりとはぐらかされてばかり。掴みどころのない汐見が気になる市居は?ノベルズ版「シークレットでやっちまえ!」に書き下ろし短編を加えて待望の文庫化。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします