うちのダーリン英国紳士。 (GUSH COMICS)
庭師・金森奨(かなもりしょう)×英国伯爵・クリストファー=オーガスタス=ハートウェル
※短編連作集です。シリーズ前作はAmazonでこちら→「うちのダーリン外国人

《感想》

「うちのダーリン」シリーズ第2弾です。1作目とは関連の無い独立した内容なので、前作を知らなくてもまったく問題ありません。とにかく笑えます。絵の周りの説明コメントがいい!

クリスは、領地に入り込み勝手に庭を作っていた奨にうまく丸め込まれ、あんなことやこんなことをいろいろ教えられます。筋金入りの箱入り坊ちゃんだったので、まったく疑わないんですよ。伯爵家の借金問題をきっかけに二人はお互いの気持ちを確認、問題も解決してめでたく屋敷の使用人公認のカップル成立となるわけです。

内容自体は↑のように変わった展開があるわけでもないんですが、とにかくちょっとしたセリフやしぐさに笑いが溢れています。とにかく理屈じゃないんですよね〜。カバー裏には馬のアレクサンダーの日記がありますのでお見逃し無く。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)「こ……れがセックスというものなのかっ!?」伯爵位を持つ英国貴族、クリストファー(33歳)は、規則正しく定時な日常を過ごしていた。規則正しすぎて、彼はあまりに箱入りだった。セックスという行為はおろか言葉すら知らないほど……。ある日、クリスは領地の中で野宿している男を見つける。日本の庭師だという彼・金森(かなもり)によって領地の一部は、いつの間にか鹿威(ししおどし)が響く日本庭園になっていた!怒りまくるクリスを金森は「好みだ」といきなり襲ってきて……?紳士の「初めて」を野外で奪うなんて……野蛮なり、ニッポン人!紳士が初めて遭遇した日本人は、裸で超アクティブな挨拶をした……。ここに始まる、BL異文化交流! 新也美樹のダーリンシリーズ第2弾!
(電子貸本Renta!「内容紹介」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします