不器用な純情 (ビーボーイノベルズ)
商社勤務・織田(おだ)×アパレルメーカー広報・松岡北巳(まつおかきたみ)
※シリーズ物です。リンク作感想はこちら→「好きの鼓動(ビート)

《感想》

子供編」に引き続き「大人編」を入手したので、早速読みました。情熱的な大人の話、とてもよかったです。

前作を読んだときは、北巳は甥を溺愛するちょっとツンツンした人というイメージだったのですが、今回その印象はガラッと変わりました。情熱と行動力があり、先のことも考えています。しっかりした大人でした。この叔父にしてあの甥ありって感じです。

織田はそのまま無口です。でも北巳に関しては別で、北巳と共に歩むために安定した生活をあっさり捨てます。まだ北巳と想いが通い合う前なのに!

こんな二人なので、大手事務所の妨害も乗り越え、甥をトップスターを育てることが出来たんですね。納得。

≪2009.07.27 追記≫
新装版が出ました。入手しやすくなりましたね。

◆あらすじ(Amazonより)
「あなたは何もわかっていない。」大学時代の後輩・織田と久々に再会した北巳。今は大手商社のエリートとなった織田。静かな、しかし秘めた激情が見えかくれする双眸、スーツを難なく着こなす恵まれた体躯。自分の腕を掴む織田の力強さに、意味深な言葉に、北巳は目眩をおぼえた。寡黙な男が向ける、あまりにも真摯な熱い視線。とまどう北巳の心の奥には……! 

※画像下の「無料サンプル」で簡単試し読み※

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします