桐屋ブックセンター美男坂店 (ディアプラス・コミックス)
○会社員・巽穂高(たつみほだか)×文庫新書担当・羽鳥円(はとりまどか)
○書店社長・名理高雪(なとりたかゆき)×書店次長・氷室秋良(ひむろあきら) ほか
※短編連作集です。

《感想》

タイトルと表紙を見て、なぜか勝手に爆笑コメディー物と思い込んでました。なんでそんなこと思ったのか、今となっては不明です。実際は私の思っていた方向と違うというか、普通のBLの面白さだったというか。作者さんのせいではないのですが、そんな訳で、読んで肩透かしを食らった気分になりました。カバー裏の一言どおり、まさしくしょっぱい気分です。

内容は、書店で働く人々と客の、もやもやあれこれです。一番気に入ったのは社長ですね。オフィス街なのに軍服が制服の書店にしたいなんて、某ま●だらけレベルです。でも、ちょっと見てみたい気も。。。

◆あらすじ(Amazonより)
桐屋ブックセンター美男坂店――それは、ギャルソン風の制服を着た美形店員が迎えてくれる、オフィス街の本屋さん。本を愛する店員たちは、常連のサラ リーマンと、実はオタクなイケメンセレブと、新進気鋭の高校生作家と、自社の社長 と……それぞれ物語以上にドラマティックな恋をしていて――。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします