見知らぬ男 顔のない男(2) (キャラ文庫)
天才役者・飛滝惣三郎(ひたきそうざぶろう)×若手俳優・篁音彦(たかむらおとひこ)
※シリーズものです。一話完結しています。既刊感想はこちら→「顔のない男

二人がTVドラマで共演することになり、今回もなりきりリハーサルを行うことに。その前後で飛滝の音彦への想いがちょっとずつ明かされます。

新しい家も、赤いミニクーパーも、イギリスでの俳優デビューもすべて音彦のなにげない一言を叶えるためなんです。そんなかわいい(?)飛滝に音彦も応えます。特にリハが終わって迎えにきた飛滝とのやりとりがいい!

「セピア色の風景の中、真っ白な服を着た若い男が走ってくるのだけが見えた。」
「今でも時々、世界から色が消える。その時にはっきり色を持って見えるのは・・・音彦。君だけだ」

「だったらこれからは・・・もっと綺麗な色の服を着ないとね。」

涙を流す飛滝に対し、自分は必死にこらえながらこう言うんです。やっぱり音彦は男前だわぁ。受けさんがカッコいいBL小説は、読んでて嬉しくなってきます。続きが楽しみ〜。

 あらすじ(PCはマウスを乗せると表示)

天才俳優・飛滝の新作の役柄は、非常な殺し屋。そんな彼を追う主役の新米刑事に抜擢されたのは、飛滝の恋人で新人俳優の音彦。初の主役は嬉しいけれど、完全に役になりきる飛滝と、憎みあう芝居をするなんて…。飛滝が役に取り憑かれることを心配する音彦。その予感は的中、リハーサルに現れた飛滝は危険な匂いのする、見知らぬ男になっていて!?バックステージLOVE。
(Amazon「内容」より)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
応援ポチよろしくお願いします